ミサワホーム北海道 RECRUITING 2016

先輩社員の声Interview

本店営業企画部 営業企画課 松島 萌

ph1

ミサワホーム北海道に入社した理由やきっかけ

就職活動中は、「ここで働きたい!」と思う企業になかなか巡りあえていなく、不安の毎日でした。そんな中で、ミサワホーム北海道の会社説明会や交流会に参加し、人事の方や先輩方の人柄、会社・仕事に対する熱い思いに惹かれ、説明会や交流会が終わった後も「もう一度社員の方にお会いしたい!」、「ミサワホーム北海道で仕事をしてみたい!」と強く思うようになったのがきっかけです。

現在の仕事内容

自社物件の情報発信や広告が主な仕事です。ホームページを通じて、お客様に新しく出る土地やモデルハウスの情報、イベントの情報を発信しています。他には、カタログやホームエンジニアが使用する備品の発注業務、イベントのお手伝いや受付業務なども行います。 「お客様」と「社員」、双方に寄り添う部署で働かせてもらっているので、とてもやりがいがあります。

仕事で苦労したことややりがい

事務職は営業職とは違い、直接お客様と接する機会が少ないので、お客様の状況を間接的に知ることになります。そのため、ご契約までの準備やイベントの準備が立て込むなど、少々時間が読めないことが大変だなと感じます。しかし、お客様の為に一生懸命なホームエンジニアの姿を近くで見ていると、ホームエンジニアの為に一生懸命になりたいと心から思います。また、「ありがとう」と言ってもらえると、大変だと感じていたことが、大きなやりがいへと変わります。

ph2

仕事を通じて学んだこと、成長できたこと

新人とはいえ、臆する事なく挑戦してみようという気持ちが大切だと学びました。入社当初は、一つのことを吸収するのに精一杯で、視野が狭くなります。しかし、苦手だと思うことを、苦手で留まるのではなく積極的に取り組む、すぐに質問はせず自分の頭で考えてから動く、これらのことを意識しながら仕事をしていると、視野が広がりました。成長を実感したときは、挑戦してよかったなと思います。

仕事を通じて心に残っているエピソード

いかに効率よく、迅速な対応を行えるかがとても重要な事務作業。それゆえに、1つの業務に対し大幅な時間を費やしてしまい、夜遅くまで時間がかかってしまったときは、情けないという気持ちと同時に、先輩に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。しかし、先輩は自身の仕事がまだ残っていても、私の抱えている仕事に対し優しく丁寧に教えてくださいました。困ったときに助けてくれる先輩と一緒に仕事ができる恵まれた環境に、とても感謝しています。

これからの目標、将来の夢

1日でも早く、1人でも多くの社員に頼られることが、私の目標です。「いつか○○さんのようになりたい!」と、目標とする女性の先輩方に囲まれながら仕事をしているので、より一層、1日でも早くその目標に近づこうと頑張れます。また、産前産後休暇・育児休業を取得し、復帰された先輩も同じ課で働いているので、将来なりたい自分をイメージしやすいです。

ミサワホーム北海道の魅力、企業風土について

入社する前から「社員同士の仲が良いな」と思っていましたが、入社してみると本当にアットホームな雰囲気で、仕事がしやすいです。スポーツ大会やキャンプなどイベントもあるので、他部署・他支店の社員との交流もあります。

pagetop