ミサワホーム北海道 RECRUITING 2016

先輩社員の声Interview

建設設計推進部 設計積算課 伊東 輝直

ph1

ミサワホーム北海道に入社した理由やきっかけ

幼少時代、自宅を新築するという貴重な経験をしました。幼いながらに家族とともに感動したことを今でも鮮明に覚えています。その出来事をきっかけに、建築士になるという夢を抱きました。住宅メーカーに就職する目標を持ち、様々な企業について調べている際、どこの企業にも劣らない技術開発力・普遍的なデザインに魅力を感じ、この会社で技術者として働きたいと思ったことがきっかけです。

現在の仕事内容

お客様の思い描くプランを、さらに良いものを追求し形にするお手伝いをすることが私の仕事です。言葉で言うのは簡単なことですが、人々の暮らしは家庭ごとにそれぞれ違ってきます。その暮らしを安心して快適に過ごしていただくために、地震や風による建物への影響を防ぐ構造計算、室内の風通しや断熱性能が試される温熱環境、その土地の文化や風土に合うデザインなど、様々な点において一から考え、ひとつの形にしていきます。

仕事の苦労や難しさは?

実際にその家で生活していくお客様の目線に立ち、住み心地の良い家にするためお客様に提案をしていくことに難しさを感じますが、その提案がお客様に喜んで頂けるものになれば嬉しく思います。

ph2

仕事のやりがいや面白さは?

自分の書いた図面が、ひとつのカタチ・モノとして世の中に残っていくことは非常に魅力のある仕事だと感じます。その家が出来上がるまでに何度もの話し合いを経て、図面にたくさんの線を引き、その一つひとつの線が実際のカタチ・モノとして出来上がっていく様は感動そのものです。そのひとつの線に思いを込めて、お客様の幸せに繋がっていくことに何よりもやりがいを感じます。

仕事を通じて学んだこと、成長できたこと

『家を建てる』ということは決して一人でできるものではありません。お客様がいて、営業・設計・現場・資産など多方面からサポートしてくれる職場の方々がいて、様々な業者さん・職人さんの手を借りながらお客様の思いを形にしていく中で、人と人とのつながりの大切さを学びました。

仕事を通じて心に残っているエピソード

夜遅くまで作図した図面を営業の方に渡し「この図面のおかげで契約が決まったよ、ありがとう」と初めて言われた時のことは、今でも印象深く心に残っています。

これからの目標、将来の夢

1日でも早く、「伊東なら安心して任せることができる」と言っていただけるような技術者になっていきたいです。そのためにも、ひとつの目標である一級建築士になり、建設業に携わるプロとして日々成長していきたいです。また、自分の家を建てることが夢でもあります。その夢に向かって努力していきたいです。

ミサワホーム北海道の魅力、企業風土について

皆さん頼りになり優しく、時に厳しく接していただける人ばかりです。自分の担当する物件以外にも、真剣に考え悩んでくれる先輩方がいます。支え合って団結してひとつの家を作り上げるという思いがみんな一緒であるというところに魅力を感じます。また、スポーツ大会などで幅広い年代の方と交流を持てることもミサワホーム北海道のひとつの特徴だと思います。

pagetop