MISAWA

ミサワホームの保証制度

業界最長レベルの保証制度と点検制度で、
ご家族の末永い安心を支えています。

安心を支える30年長期保証制度と
60年長期点検制度。

かつて5年保証が常識だった日本の住宅業界に初めて10年保証を導入したのがミサワホーム。現在も業界最長レベルの保証制度と点検制度で、ご家族の末永い安心を支えています。

「保証制度」と「点検制度」

  • ※1 15年目の耐久診断(有償)により30年目まで保証
  • ※2 10年毎の定期点検(無償)、耐久工事(有償)により30年目まで保証
  • ※3 15年目に防水保証を延長した建物に対しては25年目定期点検(無償)を実施
    ●上記保証制度は、木質・ハイブリッド専用住宅及び長屋・共同住宅に適用されます。
  • ※平成22年7月1日以降にご契約いただいたミサワホーム木質・ハイブリット住宅オーナー様向けの内容です。
  • ※詳細はホームケアハンドブック、保証書をご確認下さい。

日本の住宅保証制度。革新してきたのはミサワホームです。

ミサワホームは、1966年の「保証制度確立」、
1972年の「アフターサービス・メンテナンス体制整備」、
1981年の「10年長期保証制度」、
2000年の「30年長期保証制度」を業界に先駆けて実施してきました。

新築住宅保証制度

新築住宅保証制度は、新築住宅の構造体、白蟻、防水および仕上げ・付属部品、設備に対して保証する制度です。建物の用途に応じて、保証期間を下表の通り区分しています。住宅の品質確保の促進等に関する法律では、常時居住の用に供する建物の構造耐力上主要な部分につき10年間の瑕疵担保責任を負うとなっていますが、ミサワホームでは専用住宅、長屋・共同住宅につき、大幅に上回る最長30年の保証となっています。

※平成22年7月1日以降ご契約されたミサワホーム木質・ハイブリット住宅オーナー様向けの内容です。

維持管理保証制度

維持管理保証制度は、新築住宅保証制度における構造体、白蟻および防水の保証期間を、当該保証期間における点検をすべて受け、各保証項目の保証期間満了時に耐久診断(有償)と必要な耐久工事(有償)の実施を条件に延長する制度です。

既存住宅保証制度

既存住宅保証制度は、既に保証が満了している専用住宅に対しても住宅の売買時など必要な場合に、耐久診断(有償)と必要な耐久工事(有償)の実施を条件に再保証を行う制度です。再保証は耐久工事完了後より構造体10年間、白蟻10年間、防水5年間となります。

保証制度の概要

  • 注1)定期点検{6・11・23ヵ月目の定期巡回(無償)、10・20年目の定期点検(無償)}および耐久診断(有償)・耐久工事(有償)の実施により延長されます。
  • 注2)防蟻シート(昭和61年9月より対応)未対応の住宅の場合は5年間となります。
  • 注3)耐久診断(有償)・耐久工事(有償)の実施により再保証されます。