標準仕様でZEHオリエンテッド基準

北海道に求められる、
高い断熱性と、省エネの住まい。
そんな理想を叶えるのが「ZEH」住宅です。
ミサワホームの住まいは、標準仕様でZEHに必要な断熱・省エネ基準に対応する、
性能に優れた、これからの住まいです。

「ZEH(Net Zero Energy House:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、高い断熱性・省エネと、太陽光発電などによる創エネを組み合わせることで、住まいの年間エネルギーの使用量「ゼロ」を目的とした住宅です。 ZEHオリエンテッドは、そんなZEHの種類の一つ。基準を満たす断熱性・省エネ性を備えることで、太陽光発電や蓄電池を設置することなくZEH住宅として認定され、補助金を受けられるなど、多数のメリットが得られます。

ZEHオリエンテッド基準
を満たす基本性能
緑色の下向きの矢印

高断熱性能

ミサワホームの住まいは、高断熱の構造体をベースに高性能グラスウールを壁・床・天井まで充填し、家全体を丸ごと断熱。また、住まいの中でもっとも熱が逃げやすい窓には、樹脂サッシと3層のLow-Eガラスを採用し、ZEH基準が求める高い断熱性能を実現しています。

ZEHの高断熱基準 | UA値≦0.4以下

※UA値とは外皮平均熱貫流率のことで、数値が低いほど熱が逃げにくく、断熱性能が高いことを意味します。

高断熱性能の写真
クロスマーク

省エネ性能

建物を高断熱化することによりエネルギー効率を高めた上で、ZEH基準を満たす優れた設備を、換気・空調、照明、給湯などに導入。高効率な最新設備が暮らしの快適性を高めると同時に、省エネに貢献します。

省エネ性能の写真
ZEHについて もっと詳しく白い右向きの矢印

高い強度と断熱性を兼ね備えた木質パネルを面で接合し、
一体の箱型を構成するミサワホーム独自の「木質パネル接着工法」が、
頑丈で強固な「モノコック構造」の住まいを実現します。

工場生産により
高い性能を発揮する
木質パネル

ミサワホームの住まいで使用される木質パネルは、優れた断熱性を持つ木をベースとしながら、さらに工場生産時に断熱材をムラなく充填しています。格子状の芯材で内部を仕切っているため、断熱材が自重でズレて断熱性が低下する心配もありません。
木質パネルの写真

木造パネルを面で接合し
強固な
モノコック構造
を実現

高品質の木質パネルを面接合する、独自の「木質パネル接着工法」により、住まいの「モノコック構造」化を実現。「モノコック構造」はジェット機などにも採用される非常に強固な構造であり、さまざまな外力がかかっても、建物の面全体に分散して受け止めるため、強い強度を発揮します。
ものコック構造の写真
南極で実証された高断熱性能

ミサワホームの木質パネルは、南極昭和基地の建物の多くに採用されています。南極の厳しい気候に長年さらされた第10居住棟を30年後日本に持ち帰り調査をした結果、耐風性・断熱性・気密性は建築時のままの性能を維持していたことがわかりました。このことにより北海道よりもはるかに厳しい極地においても、高い性能を発揮することが実証されました。

基本構造について もっと詳しく白い右向きの矢印

ZEHオリエンテッドの住まいには、
高断熱・省エネ以外にもさまざまなメリットがあります。
新しいマイホームをお考えなら、ZEHオリエンテッドが最適です。

省エネ性能により
光熱費を削減!

ZEH住宅は、高い断熱性能により外気温の影響を受けることが少ないため、暖房・冷房の使用が抑えられます。また最新の省エネ機器により、エネルギーの消費量も削減が可能。ランニングコストの削減に貢献します。(グラフ参照)

高熱費を削減の写真
高熱費を削減の折れ線グラフのデータ

高断熱性能により
健康改善効果も!

住宅の断熱性能を高めることは、近年の調査で健康面を改善する効果も高まることが確認されています。「高断熱住宅による健康改善効果」の調査で、高断熱の家に住み替えた約2万人にアンケートを実施。住み替え前に喘息やせき、喉の痛みなどの症状が出ていた人のうち、住み替え後の家の断熱性能が高いほど、健康が改善したと答える方が多い結果となりました。
健康効果改善の写真

◼︎高断熱住宅による健康改善効果

高熱住宅による健康改善効果のグラフ 等級の説明

出典:

岩前篤「断熱性能と健康」日本建築学会環境工学本委員会 熱環境運営委員会 第40回熱シンポジウム梗概集 2010.10より作成

◼︎断熱グレードによる改善率の増加程度

断熱グレードによる改善率の増加程度のグラフ

ZEHオリエンテッドの住まいには
60万円の補助金が申請できる!

経済産業省と環境省による「ZEH支援事業」により、ZEHオリエンテッドの住まいを建てると、60万円の補助金を受けることができます。
公募方法は先着方式のため、早めの申請が必要です。

家の画像
四次公募期間 2020年11月30日~2021年1月8日

ページトップへボタン